古関メロディー歌合戦

「古関メロディー歌合戦」を開催します!

 古関裕而は、昭和初期、川俣町に2年間住んでおり、川俣時代にて日本人初の国際的作曲コンクールに入選し、作曲家としての本格的なスタートを切りました。
 また、古関裕而は、1972(昭和47)年10月1日より、フジテレビで放送された「オールスター家族対抗歌合戦」の審査委員長を務めていました。
 そこで、2020年前期連続テレビ小説「エール」の主人公のモデルである古関裕而ゆかりの地 川俣にて「古関メロディー歌合戦」を開催します。
 「古関メロディー歌合戦」の審査員として長男の古関正裕さんが参加されます。
 ※詳細が決まり次第更新します。

イベント概要(予定)

イベント名

古関裕而ゆかりのまち かわまた 「古関メロディー歌合戦」

入場料

無料

イベント日時

令和2年3月15日 (日曜日)

 13時30分から16時30分まで

 ※正午から開場 

開催場所

 川俣町中央公民館ホール(福島県伊達郡川俣町字樋ノ口11)

主催者

 川俣町

共催者

 古関裕而ゆかりのまち かわまた協議会

イベント内容

 オープニングセレモニーとし川俣中学校吹奏楽部による古関裕而が作曲した「川俣中学校校歌」や「栄冠は君に輝く」を演奏
 当町と古関裕而のゆかりなどを会場スクリーンにて上映
 お笑いコンビによる川俣町と古関裕而に関する漫才
 古関メロディー歌合戦(一般の参加者を募集します。募集に関しましては、当ホームページの申し込みフォームより申し込みをお願いします。)
 古関裕而と同じ福島商業高校出身のシンガーソングライターMANAMIさんによる古関メロディーの演奏
 当町で開催されている日本最大のフォルクローレの音楽祭「コスキン・エン・ハポン」にも出場しているチームによる来場者全員での古関メロディーの合唱 など
古関メロディー歌合戦の審査員
 古関正裕さん(古関裕而氏の長男) ほか

ブースの展示

 古関裕而が使用したオルガンの展示及び演奏
 「川俣町民の歌」や「川俣中学校校歌」などの直筆楽譜の展示
 川俣町と古関裕而の説明パネルの展示
 昭和初期に絹で栄えていた川俣町で、当時、機屋が使用していた機織り機の展示 など

会場までのアクセス

バスをご利用の場合

「福島駅東口(1番乗り場)」 から 「川俣町役場前」まで 約35分  JRバス 川俣高校前行

「川俣町役場前」から「川俣町中央公民館」まで 徒歩1分

車をご利用の場合

東北新幹線福島駅より約30分
東北自動車道福島西ICより約35分、東北自動車道松川スマートICより約25分

※会場周辺に約250台分の駐車場を用意します。